• 無線LANなどの通信関連は速度が重要

    通信関連で急激に進化を遂げているのは無線LANと言えるでしょう。


    年々新しい方式が発表されて、有線接続との速度差がなくなりつつあります。海外よりも狭い環境に生活している日本人にとっては、無線の届く範囲が十分生活圏内と言えるので、1台の無線LANシステムによって家全体を賄うことができる場合があります。
    通信関連において日本の狭い生活事情は有利に働く要因だったようです。
    一度接続してしまえば通信圏に入るだけで接続できるのでとても便利です。



    残念ながら有線による接続と比べるとまだまだ差がありますが、個人で利用するのであれば十分なレベルまで発展しています。
    今では動画を閲覧するのも支障なくなりました。
    無線LANは規格の違いによって通信できる速度が変わってきます。


    IEEE802011によって分類される速度は11Mbpsから6.7Gbpsまでさまざまです、周波数帯域も2.4G、5G、60Gに分かれています。



    これらの条件は利用する端末が利用できるようになっていなければならないため、ルーターだけを買い換えても意味がありません。
    また、周波数帯域の違いによって電波の特徴が異なります。
    2.4Gは障害物の影響を受けにくいですが、電子レンジや他の無線に影響を受けます。
    5Gは利用者が少ないので影響を受けにくいですが、障害物に弱いデメリットがあります。



    60Gは直進性が強いため狭いところでの高速通信が得意です。


    このように通信関連の知識があると便利な場合があります。