保育士の専門学校にある指定校と併修校の違いについて - 社会人向け保育士の専門学校

保育士の専門学校にある指定校と併修校の違いについて

保育士になるには、まず1つに、高校卒業後に、専門学校(2年または3年)、短期大学(2年または3年)、大学(4年)、短期大学・大学の通信課程(2〜4年)を経て登録手続きを行う方法があり、2つ目としては、高校卒業後に国家試験を受け資格を取得し、合格後に登録手続きを行う方法があります。ただし、後者の場合には受験資格に該当をする場合のみ試験を受けることが可能となります。

保育士の専門学校に関する疑問が解決できます。

保育士を目指す場合に、前者の専門学校を利用する場合には、指定校と併修校との2つがあることを理解しておく必要があり、この2つは取得できる資格が異なるために注意が必要になります。

産経ニュース情報に関するかしこい運用法をチェックしてください。

まず、指定校は文部科学省・厚生労働省に指定された専門学校を指します。
ここでは卒業と同時に幼稚園教諭2種免許および保育士資格を取得することができ、専門士としての称号が与えられます。



因みに、資格は、指定保育士養成施設卒業証明書を取得し、登録事務処理センターにて登録手続きをすることで得ることができます。次に、併修校は両省から指定が行われていない専門学校のことを指します。

多くは厚生労働省のみの指定が行われているために、幼稚園教諭免許は短期大学等の通信教育課程を併修することで資格取得を目指すことになり、ここでの過程が修了していない場合には幼稚園教諭免許を取得することはできません。
併修制度を実施している学校の場合には、多くは、短期大学等での通信教育課程の授業科目の履修、夏休み等に一定期間のスクーリングを実施しており、ここでは、別途学費が必要になります。そして、所定の単位をすべて習得することで初めて指定校と同じ扱いとなり、保育士として登録をすることが可能となります。