保育士を目指す場合の専門学校を選ぶ場合のポイント - 社会人向け保育士の専門学校

保育士を目指す場合の専門学校を選ぶ場合のポイント

保育士を目指すにはいくつかの方法がありますが、その中の1つに専門学校への入学があります。

保育系の学校は数も多く、ここでは、ポイントを押さえた上で選択をする必要があり、事前に情報を入手した上で願書を提出することが大切になります。

基本も充実した保育士の専門学校の情報について、かしこい情報の見分け方や利用方法を解説します。

専門学校を選択するポイントとしては、1つに、学校の理念や教育方針があり、幼稚園教諭や保育士育成への取組も含め、授業内容の特徴を把握することが必要です。
2つ目には卒業時に取得できる資格があります。


ポイントとしては、まず、卒業時に確実に取得できる取得に幼稚園教諭や保育士が含まれているか、次に、文科省や厚労省の許可を得ている専門学校なのか、また、卒業までの期間が2年か3年かがあり、内容を確認した上で判断をする必要があります。

YOMIURI ONLINEについて真剣に考えてみました。

3つ目には学費があり、ここでは、初年度の入学金、2年次以降の金額、卒業までの総費用がいくら必要になるのか把握をしておくことが大切なポイントとなります。


選択では、就職実績や、交通アクセス、沿革や歴史も把握をしておく必要があります。



特に就職実績に関しては卒業後に重要な要素の1つとなるために、しっかりとした確認が必要になり、就職率、求人数をはじめ、これまでの実績から見た就職先の内訳や正規採用と臨時採用の割合に関しても把握をしておくことが必要です。

交通アクセスは、自宅等からできるだけ近い方が交通費等を抑えることができるために、ここでは総通勤時間がどのくらいかかるのか確認をする必要があり、学校の沿革や歴史に関しても、伝統校などの場合には就職実績につながるために、大事なポイントの1つとして押さえておく必要があります。